• 整形コンサルコム

うつを貰わないこと

更新日:8月21日

春先の一部の来院患者さんに、この傾向があります。

また、稀に病棟勤務から外来に

受け入れた場合のスタッフから、

他のスタッフが、うつ傾向の影響を

受けることもあります。


こんな時は、

ご飯(お米)をしっかり食べること。

日に当たること。

歩くこと。

を伝えます。


人間の生活リズムを損ねた場合に

なりやすいので、自然の生活に戻します。



医療関係は、長時間の緊張状態を保つために

また、職務意識を持ち看護に励むと

疲れてしまい失墜しやすいです。



”外来” ”整形外科” に於いては、稀有な事象です。

日に当たりましょう!



@shirogane 44 (ライフ 健康)

最新記事

すべて表示

クリニックで、人々の助けを行うことを目的すれば、使命が果たせます 各個人が、人々を助け合うことで、困難な事象を乗り越えます 社会的に、慈善事業は優位とされています 外部の困難な時代を向かえて、お互いに助け合い育むことが 必要ではないでしょうか

今回は、口コミによる検証をお伝えします。皆さまのクリニックは、如何でしょう 診療主体のはずが、外部評価を気にしながら 診察をすることになります。病院で、情報発信の元は、受診した患者さんです 患者さんが、受けた心象の良し悪しを書きます。 多くの場合に起こるのは、患者さん